本学教員らの論文が日本薬学会Chemical and Pharmaceutical Bulletin誌のHighlighted Paper Selected by Editor-in-Chiefに選定

本学教員らの論文が日本薬学会Chemical and Pharmaceutical Bulletin誌の65巻6号(2017年)の
Highlighted paper selected by editor-in-chiefに選定されました。

受賞者     : 薬学部 生命創薬科学科 教授 青木 伸
          薬学部 生命創薬科学科 田中 智博 博士(ポストドクトラル研究員、現在野口研究所研究員)
論文タイトル : (論文)Concise and Versatile Synthesis of Sulfoquinovosyl Acyl Glycerol Derivatives
              for Biological Applications
          (著者)Tomohiro Tanaka, Yasuhiro Sawamoto and Shin Aoki
発表誌     : Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 2017, 65 (6), 566-572 (DOI: org/10.1248/cpb.c17-00135)

日本薬学会Chemical and Pharmaceutical Bulletin誌のページ:http://www.apstj.jp/

青木研究室のページ
大学公式ページ:http://www.apstj.jp/
研究室のページ:http://www.apstj.jp/
野口研究所のページ:http://www.apstj.jp/