東京理科大学 薬学部

教員・研究室紹介 〜 薬学科

青山 隆夫
Aoyama, Takao
教授
薬物治療の有効性と安全性を確保するために、臨床における薬の問題点を解析し、その成果を臨床に還元します

テーマは多岐に渡ります。尋常性痤瘡に対するスピロノラクトン軟膏や慢性裂肛に対するジルチアゼム軟膏などの市販にない薬剤の開発、アスピリンの抗血小板作用に対する非ステロイド性抗炎症薬の薬物相互作用の解明、骨粗鬆症治療薬と飲食物との飲み合わせの解明、注射薬の輸液ラインやフィルターへの吸着と回避方法の構築、抗がん剤の医療用手袋への透過性の検討などです。多くは病院・薬局の薬剤師や医師との共同研究となっています。

研究室名:青山研究室
専門分野:医療薬学・薬物治療学
研究分野:薬物治療学
浅田 善久
Asada, Yoshihisa
教授
植物含有の未知生理活性物質を見いだし、医薬品開発を目指します

高等植物の生産する多種多様の二次代謝産物は医薬品、香料、工業原料などとして人間生活の各方面に用いられています。現在用いられている抗がん剤の中には高等植物起源のものも多く存在します。当研究室では、ネパール産、ソロモン産および中国産薬用植物などより新規活性成分の単離・構造研究を行い、抗がん剤などの新規医薬品の出発物質となる化合物を高等植物より探します。

研究室名:浅田研究室
専門分野:天然物化学・生薬学
研究分野:生薬学
伊集院 一成
Ijuin, Kazunari
嘱託教授
(みなし専任)
医療提供施設である保険薬局から、地域住民に対してどのような情報を提供すべきかを日々研究しています

保険薬局では、毎日多くの患者さんが処方せんを持って来局されたり、必要な医薬品購入のために相談に来られます。言い換えると保険薬局には、地域住民の健康状態を表す情報が集約されています。ヘルスヴィジランス研究では、医薬品使用量(販売量)に着目し、地域でどのような疾患が流行しているのか、これから流行するのか、どのような経路で流行していくのかを解析します。解析結果は、保険薬局を通して地域に還元していきます。

研究室名:伊集院研究室
専門分野:社会薬学・医療薬学・ヘルスヴィジランス
研究分野:薬局管理学
礒濱洋一郎
Youichiro, Isohama
教授
伝統医薬品の作用の現代科学的解明を通じて、難治性の炎症性呼吸器疾患に対する新たな治療概念の提唱を目指します

本研究室では気管支喘息やCOPDなどの慢性炎症を基礎とする難治性呼吸器疾患の治療法を確立するために、病態が形成される仕組みや一定の効果が期待できる薬物の作用を調べています。特に、気道分泌を正常化するための新規標的分子の探索や漢方薬等の伝統医薬品に隠された薬理学的特徴の解明を通じて、新たな治療概念の提唱を目指します。

研究室名:礒濱研究室
専門分野:呼吸器病態生理学・呼吸器薬理学・漢方薬理学
研究分野:応用薬理学
市原学
Gaku, Ichihara
教授
環境化学物質によって引き起こされる健康障害を予防するために

環境化学物質によって引き起こされる健康障害を予防するために、化学物質のヒト中枢神経、生殖系への影響・毒性作用の仕組みを明らかにする研究を行っています。研究ではヒト、実験動物、培養細胞というさまざまなレベルの系、医学・薬学的、分子生物学的手法を用います。

研究室名:市原研究室
専門分野:環境労働衛生学・神経毒性学・生殖・内分泌毒性学
研究分野:衛生化学
稲見 圭子
Inami, Keiko
講師
生理活性物質を合成して反応性を検討し、活性発現機構を解明して、有機化学の立場から創薬を目指します

薬学における有機化学の知識を基盤として、「生理作用をもつ」新規有機化合物の合成と反応性、生体分子との相互作用を検討することで活性発現機構の解明に関する研究を行っています。特にがんの予防を目指して研究を進めています。発がん性N-ニトロソ化合物の詳細な活性化機構の研究や植物や食品中に含まれる発がんを抑制する化合物の探索研究をはじめ、活性酸素消去化合物、一酸化窒素供与体などの創製にも取り組んでいます。

研究室名:稲見研究室
専門分野:有機薬化学
研究分野:有機薬化学
岡 淳一郎
Oka, Jun-Ichiro
教授
脳の病気を対象として発症機序や病態を研究し、新規化合物による治療戦略を立てるための研究を行います

行動薬理学・電気生理学・免疫組織化学・生化学等の手法を用いて、脳の病気に関する研究を行っています。たとえば、認知症、うつ病、糖尿病合併症としての学習障害やうつ症状に関与する脳内機序の解明と、神経ペプチドGLP-1やGLP-2を用いた治療戦略の確立を目指しています。また、中枢性血圧調節機構へのGLP-2の作用、ストレスによる脳機能異常、脳内神経連絡と関連した神経疾患発現機序の解明等も行っています。

研究室名:岡研究室
専門分野:神経科学・神経薬理学
研究分野:薬理学
鍜冶 利幸
Kaji, Toshiyuki
教授
環境と健康の接点を細胞レベル・分子レベルで解明し、人の健康増進と疾病予防に寄与します

重金属の血管毒性発現の分子機構とそれに対する生体の防御機構を解明し,環境汚染物質から人の健康を衛る科学に貢献します。血管病変、特に動脈硬化病変について、プロテオグリカンの合成調節の異常の観点から発症・進展の分子機構を解明します。これらの研究から生まれた新しい研究戦略「バイオオルガノメタリクス」(ハイブリッド分子のバイオロジー)を世界に先駆けて実践し、その成果を発信します。当研究室では、この三つを目標に研究を展開しています。

研究室名:鍜冶研究室
専門分野:環境毒性学・血管細胞生物学・バイオオルガノメタリクス
研究分野:環境健康学
上村 直樹
Kamimura, Naoki
嘱託教授
(みなし専任)
国民や社会のニーズに応えられる未来の薬局や薬剤師をデザインしています

薬局の勤務者、管理者、そして経営者になるために、薬局の業務や設備、経営、研修などを科学的に研究しています。主に、薬剤のPTPシートや添付文書を色覚障害者にも識別できるユニバーサルデザイン化を目指して、製薬企業と共同研究しています。またそのようなハード面だけでなく、患者さんや社会のニーズを応えられる研究心ある薬剤師の育成に必要な資源の開発に取り組んでいます。

研究室名:上村研究室
専門分野:社会薬学・医療薬学・医薬品情報学
研究分野:薬局管理学
後藤 惠子
Goto, Keiko
嘱託教授
(みなし専任)
患者さんの気持ちにより添うことのできる薬剤師育成を目指しています

患者さんの気持ちに寄り添う薬剤師の育成に向けて、
①患者のニーズを把握するためのコミュニケーション教育に関する研究、
②患者の未受診行動に焦点を当てた質的研究、
③模擬患者参加型演習の有効活用に関する研修
の実践と普及活動などに取り組んでいます。

研究室名:後藤研究室
専門分野:健康行動・健康心理コミュニケーション教育
研究分野:コミュニケーション学
小茂田 昌代
Komoda, Masayo
教授
医療の安全と質の向上を目指し、臨床薬剤師を支援するシステム開発や臨床研究を行います

臨床薬剤師を支援するシステムの開発、医療安全に向けたツールの開発を行っています。さらに医師と共に薬物治療の適正化に向けた臨床研究を行い、薬物治療のガイドライン改訂に向けたエビデンス作りにも関与しています。また、現場薬剤師向けの安全意識向上に向けたワークショップ企画、副作用早期回避に向けたシミュレーション研修企画など様々な研究や活動を行っています。

研究室名:小茂田研究室
専門分野:医療安全・臨床薬剤師支援システム
研究分野:医療安全学
佐藤嗣道
Tsugumichi, Sato
講師
疫学の手法を用いて医薬品の安全性を評価し、リスク最小化を目指します

最前の治療法を選択するには、薬のベネフィット(期待される効果)とリスク(副作用の可能性)を評価することが必要です。そして、より適切な使い方により、リスクを減らすことが出来ます。本研究室では、疫学の手法を用いて医療現場で実際に使われている薬のリスクを評価する研究、およびリスクを最小にすることを目的とした研究を行っています。

研究室名:佐藤研究室
専門分野:薬剤疫学・医療品リスク管理・社会薬学
研究分野:医薬品情報学
佐野 明
Sano, Akira
講師
分析化学の研究成果が健康や環境に関わる問題の解決を導く。自由と個性の尊重が人格や才能の開花を導く

生体内のどこで、何が、いつ、どれだけ、何故存在するのかを解析できる手法の創意・開発を目的としています。①DNA一塩基多型の解析システム、②活性酸素種の蛍光分析法、③クロマトグラフィー用吸着剤の創生などの研究テーマに取り組んでいます。図の上段は開発した各種試薬による過酸化水素の蛍光を、下段は合成したクロマトグラフィー用の吸着剤である球状セルロース誘導体の電子顕微鏡写真を示します。

研究室名:佐野研究室
専門分野:発光分析・分離分析
研究分野:有機分析化学
鹿村 恵明
Shikamura, Yoshiaki
嘱託教授
(みなし専任)
薬剤師が医薬品の適正使用、セルフメディケーションの支援にかかわることによって国民の健康を守ります

薬局業務全般において、医薬品関連情報の収集、コミュニケーションスキルを活用した患者・顧客からの情報収集、そして、これらの収集した情報の評価と活用、医師や医療関係者への情報提供等の業務について、その有用性を検証していきます。また、これらの研究活動を通して、調剤、医薬品の供給、薬事衛生等の各分野において国民から信頼を得られる薬局薬剤師職能の確立を目指しています。

研究室名:鹿村研究室
専門分野:医療薬学・社会薬学
研究分野:薬局管理学
嶋田 修治
Shimada, Shuji
准教授
医療現場で医薬品の適正使用に貢献できる、キラリと光る薬剤師を目指しませんか?

先端技術の結晶である医薬品は、モノ(薬剤)と情報が揃った時に初めてその真価を発揮します。ところが医療現場への情報提供の不足が原因で、薬による被害が起こっています。医薬品情報を適正に収集、評価および提供できる薬剤師は、患者の安全を守る最後の砦になるでしょう。当研究室では、医療現場での医薬品に関するさまざまな問題点に着目して、医薬品の適正使用に向けた情報を医療現場に提供することを目指しています。

研究室名:嶋田研究室
専門分野:医薬品情報学・臨床薬理学
研究分野:医薬品評価学
髙澤 涼子
Takasawa, Ryoko
講師
分子標的治療薬の副作用・耐性等の問題点を抽出し、その克服を目指した研究を行います

21世紀に入り、がんの薬物治療の分野において分子標的治療薬が続々と開発され、使用されています。分子標的治療薬は、従来の化学療法薬とは異なり、がん細胞がもつ特定の分子をターゲットとするため、がんへの特異性が高いという特徴があります。しかしその一方で、思わぬ副作用や、薬剤耐性が出現するという問題が起きています。このような分子標的治療薬の問題点の抽出、分子標的の設定およびバリデーションに必要な情報収集を行い、in silico創薬手法を用いて新規分子標的治療薬リード化合物の創製を目指します。

研究室名:髙澤研究室
専門分野:分子生物学
研究分野:医療分子生物学
田沼 靖一
Tanuma, Sei-ichi
教授
がんやアルツハイマー病などのアポトーシス疾患の発症メカニズムの解明と新規治療薬開発の基盤を築きます

生命の原理をゲノム、細胞レベルを中心に研究しています。特に、アポトーシス(細胞死)の制御機構の解析から、細胞の生/死の運命決定機構の解明を行っています。さらにアポトーシスの異常によって発症するがんやアルツハイマー病などの分子メカニズムの解明から重要な創薬標的分子を同定し、それに対する適正な医薬分子を、コンピュータシミュレーション技術を用いて分子設計することにより、新規治療薬を開発する基盤を築くことを目指しています。

研究室名:田沼研究室
専門分野:分子細胞生物学・ゲノム創薬科学・情報計算科学
研究分野:生化学・分子生物学
月本光俊 月本光俊
Mitsutoshi, Tsukimoto
講師
薬学部ならではの目線で放射線の生体影響を解明します

放射線ダメージからの防護や医療への応用のためには、放射線による生体影響のメカニズムを解明する必要があります。本研究室では、全く新しい視点で放射線生物影響について研究した結果、放射線誘導プリン介在型細胞間情報伝達という新しいメカニズムを発見しました。現在、この発見を元に放射線がん治療の効率化や放射線防護への応用を目指しています。

研究室名:月本研究室
専門分野:放射線生物学
研究分野:放射化学
根岸 健一
Negishi, Kenichi
准教授
患者さんの薬物治療に責任を持てる知識・技術と、いたわりの心を持った薬剤師育成を目指しています

薬剤師が患者さんの薬物療法に責任を持ち、貢献できることは薬剤師の本質的な使命であると考えます。学部教育では、それに必要な知識・技能・態度を学びますが、当研究室では、さらに実務を通じて、現状の課題や改善点を見つけ出し、それらの解決策を提案し、実施する実践的な研究を行うことを目指しています。

研究室名:根岸研究室
専門分野:臨床薬学・実務薬学
研究分野:医療薬学
花輪 剛久
Hanawa, Takehisa
教授
薬剤学的な視点から個々の患者さんに最適な薬物療法をデザインする基礎研究を行っています

実際の医療現場で抱える医薬品の服薬(使用)上の問題点を抽出し、個々の患者の治療に対する関心を高めて成功させるため、テーラーメイド医療を薬剤学的視点から捉え、「患者に優しい製剤開発」や「医薬品と医薬用高分子との相互作用に関する研究」に取り組んでいます。今後は大学病院など先進的な治療を行っている施設と共同研究を行い、薬物間相互作用や薬物動態の個人間変動に関する解析に基づいた適切な処方設計、製剤設計を提案するための基礎研究を展開していきます。

研究室名:花輪研究室
専門分野:医療薬学・製剤工学・臨床製剤学
研究分野:医療デザイン学
東 達也
Higashi, Tatsuya
教授
分析科学を武器として、ごく微量の試料から有用な生体情報を取り出し、診断・治療に貢献します

病気を治すためには、まず何の病気かを診断し、進行具合を適切に把握しなければなりません。「被験者の負担の少ない試料(例えば唾液)からピコグラム(1兆分の1グラム)レベルの生体分子情報を取り出して診断・治療に役立てる」これが当研究室の目指すものです。高速液クロマトグラフィー/質量分析を基盤としてこの課題にチャレンジしています。

研究室名:東研究室
専門分野:臨床分析科学
研究分野:分析科学
廣田 孝司
Hirota, Takashi
教授
安全で有効な「人にやさしい薬づくり」を意識し、薬の体内での動きをじっくり見つめる

飲んだ薬はどうなるでしょう?消化管から吸収され、血流に乗り作用部位に運ばれたあと、薬効を発揮します。その間、分解や代謝も起こり、やがては体内から排泄されます。私たちは、この流れ(薬物動態)と薬の有効性や毒性との関連を研究しています。また臨床現場を意識した投与方法や剤形によって、薬物動態がどのように影響されるかも研究しています。こうした研究を通じ、人にやさしい薬づくりに貢献します。

研究室名:廣田研究室
専門分野:薬物動態・薬物代謝酵素
研究分野:生物薬剤学
牧野 公子
Makino, Kimiko
教授
DDSは医療の中で未だ満たされていないニーズに応える製剤設計を目指しています

薬物が本来持っている効果を最大限に発現させるために、薬物を適切な剤形に成型し、適切な経路から投与し、副作用を軽減する手法が必要です。我々は、呼吸器を介して肺に薬物を投与して肺疾患を軽減するDDS、皮膚や粘膜から薬物を投与するDDSや一定時間後に薬を放出する錠剤などを設計し調製しています。

研究室名:牧野研究室
専門分野:DDS・コロイド科学
研究分野:薬品物理化学
望月 正隆
Mochizuki, Masataka
嘱託教授(専任扱)
発がんと制がんの有機化学を主テーマとします。病気を有機化学の立場から研究し、人類の健康に役立てます

薬学での有機化学のあり方を常に意識し、疾病を有機化学の立場から研究します。新しい化合物を創製し、生物活性を明らかにして、さらに有効な活性化合物を作ります。特にがんの発生と制御を有機化学的に解明することを目的として研究しています。発がん過程をDNAに対する化学反応の結果と考えて、その機構を解明することでがんを予防し、さらに制がんへの応用をめざして新しい制がん薬を開発し、がんの制御を目標とします。

研究室名:望月研究室
専門分野:有機化学・生物有機化学
研究分野:薬化学
山下 親正
Yamashita, Chikamasa
教授
製剤と言えば、東京理科大と呼ばれるような新しい生きた製剤学の構築を目指します

医療ニーズを踏まえ、患者や医療従事者の視点から、幅広い知識と経験を統合させた生きた製剤学を用いて、製剤設計を行い、この製剤が生体内で設計通りに挙動していることを実証することができる製剤研究者の育成と、院内製剤の開発や科学的な根拠に基づいた服薬指導ができる創剤薬剤師の養成を目指しています。そのために、基礎研究、実用化研究及びレギュラトリーサイエンスの三位一体の研究に取り組んでいます。

研究室名:山下研究室
専門分野:製剤設計学・DDS・吸入システム
研究分野:製剤学・薬剤学
吉澤一巳 吉澤一巳
Kazumi, Yoshizawa
講師
基礎と臨床をつなぐ架け橋となるような緩和医療薬学研究を目指します

日本の死亡原因第1位は悪性新生物、つまり”がん”です。したがってがん治療・がん研究の発展は日本にとって急務の課題です。そのがん治療と両論をなす緩和医療は、がん患者の抱える痛みやつらさに耳を傾け、その症状を緩和する医療です。”こころとからだの痛み”に焦点を当て、”基礎を知って臨床で使いこなす”をコンセプトにした薬学研究を目指します。

研究室名:吉澤研究室
専門分野:緩和医療薬学・臨床精神薬理学
研究分野:疾患薬理学
和田 浩志
Wada, Hiroshi
講師
人にも自然にも優しい薬用資源を開発するために、自然界にある植物の魅力と役割を自分の目で把握しよう

薬用植物の中には、言い伝えなどで有効性が知られていながらまだ科学的に説明できないものがあります。しかし広い視野で再検討してみると、多様な化学成分に意外な共通性を見いだすことができます。また、植物成分の中にはステロイド剤に匹敵するほど強力な抗炎症作用を有するものがあります。いずれも、植物の特性、言い伝えを含めた有用情報、薬効と化学成分との関係を総合することで、有用な薬用植物を探求しています。

研究室名:和田研究室
専門分野:植物化学・資源植物学・薬用資源情報学
研究分野:資源植物化学
バーチャルオープンキャンパス「夢x出会いx発見-Tokyo Univercity of Science Virtual Open Campus」
リサーチパーク型キャンパス〜創薬研究の拠点としての5つの教育研究センター
ファーマコインフォマティクス〜クスリの作用に関する総合情報科学
薬学部の一日
薬学共用試験結果
文部科学省がんプロフェッショナル養成基盤推進プランがんシステム・創薬研究者養成コーズ

アクセス

野田キャンパス(薬学部)

〒278-8510 千葉県野田市山崎 2641
TEL : 04-7121-3691 FAX : 04-7121-3608

神楽坂キャンパス

〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271(代)

葛飾キャンパス

〒125-8585 東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL:03-5876-1717(代)