東京理科大学 薬学部

教員・研究室紹介 〜 生命創薬科学科

青木 伸
Aoki, Shin
教授

あらゆる元素と手法でアプローチする生命科学・超分子化学・創薬

周期表上のあらゆる元素と、有機化学、錯体化学など様々な分野の知識と手法を駆使して、水溶液中での分子集積の化学(超分子化学)・生体内現象の解明・創薬・ナノサイエンスへアプローチしています。分子集積の概念に基づいた、ナノサイズ超分子・触媒・薬剤の新概念を提案します。光化学反応や固体表面反応を用いるがん超早期診断法、生理活性分子に対する発光センサーの開発なども行っています。

研究室名:青木研究室
専門分野:生体機能化学・超分子化学・光化学
研究分野:生物有機化学
秋本 和憲
Akimoto, Kazunori
准教授

上皮性癌幹細胞を標的とした創薬の実現に向けた研究

近年、癌の種(たね)である癌幹細胞が様々な癌で同定されてきました。癌幹細胞は自己増殖能、分化能および腫瘍形成能をあわせもち、まさに癌の種として働きます。この癌幹細胞は、抗癌剤や放射線治療に対して耐性を示し、治療後の再発の原因と考えられています。この癌幹細胞の成り立ちや性質を明らかとすることができれば、癌幹細胞を標的とした新しい抗癌剤などが開発できます。そうすれば、癌は再発せずに治癒すると期待されます。当研究室では、この癌幹細胞の成り立ちと性質を明らかとする研究を進めています。

研究室名:秋本研究室
専門分野:分子病態学・幹細胞腫瘍学
研究分野:分子医科学
内海 文彰
Uchiumi, Fumiaki
准教授

真核細胞の遺伝子発現機構を解明するとともに、転写因子発現(抑制)ベクターを細胞に導入して増殖を阻止する方法を開発します

遺伝子DNAにはタンパク質のアミノ酸配列の情報だけでなく、その情報の鋳型となるRNA量を調節するプロモーター領域があります。当研究室では、種々のヒト遺伝子のプロモーター領域を単離し、真核細胞の転写制御機構を詳細に解析しています。また、細胞増殖、分化、そして老化等に関わる転写制御機構についての基礎的な研究を進め、特定の転写調節因子を細胞に導入して癌や腫瘍等の治療する方法の確立を目指しています。

研究室名:内海研究室
専門分野:遺伝子工学・分子生物学
研究分野:遺伝子制御学
内呂 拓実
Uchiro, Hiromi
教授

有機合成化学の立場から、生物活性物質の構造と活性の関係を追究することにより、新薬の創出を目指します

有機合成化学の力を最大限に活用することにより、天然からは微量しか得られない複雑な化学構造をもつ生物活性物質の短工程かつ高効率な合成法の確立に挑戦しています。さらに、ここで確立した合成法を基盤として、生物活性物質の構造と活性の関係を医薬化学の立場から追究していくことにより、優れた有効性と高い安全性を併せもつ新規化合物を創出すべく、日夜研究に取り組んでいます。

研究室名:内呂研究室
専門分野:有機合成化学・医薬化学
研究分野:創薬合成化学
後藤 了
Goto, Satoru
教授

薬学と数学と情報科学:医薬品分子のカタチを科学します

有機化学では分子は亀の甲で表わされました。量子化学では原子核と電子雲の集合体です。けれども、幾何学的な図形なのだと思って構造式を見ていると、医薬品分子がまるで器械体操をしているかのようにダイナミックに動きまわる様子が見えてくるのです。その動きがあるからこそ、生物活性があり、そして医薬として治療効果があるのかも知れません。コンピュータやNMRやX線結晶解析でそんな研究に取り組んでいます。

研究室名:後藤研究室
専門分野:薬品物理化学
研究分野:情報物理化学
早川 洋一
Hayakawa, Yoichi
教授

微生物に秘められた無限の可能性を信じて、日々宝探しを楽しんでいます

微生物は抗生物質をはじめとするさまざまな生物活性物質を生産します。私たちの研究室では、新しい医薬の開発を目指して、微生物由来の抗がん物質や神経細胞保護物質の探索研究を行っています。また、微生物由来生物活性物質の構造と作用を明らかにするとともに、その生合成機構について有機化学的・分子生物学的解析を行い、遺伝子・酵素レベルでの解明を目指しています。

研究室名:早川研究室
専門分野:微生物学・天然物有機化学
研究分野:微生物薬品化学
樋上 賀一
Higami, Yoshikazu
教授

代謝制御による肥満症の治療、健康寿命の延伸を目指す!

2030年、我が国では、三人に一人が、65歳以上のお年寄という超高齢化社会になるといわれています。また、生活習慣病の発症に関連する肥満症の増加は、大きな社会問題となっています。私たちは、長寿モデル動物の特に脂肪組織の解析や脂肪細胞の分化・成熟過程の解析から、老化に伴って発症する様々な疾患の発症を予防し、健康寿命の延伸をも可能にする肥満症治療薬や代謝改善役を開発するための標的分子を探索しています。

研究室名:樋上研究室
専門分野:老化生物学
研究分野:分子病理・代謝学
深井 文雄
Fukai, Fumio
教授

がんと炎症性疾患を中心に、その発症メカニズムの解明と治療薬開発のための基礎的研究を進めています

正常細胞の生存、増殖は、接着分子を介した接着によって厳密に制御されています。この性質はがん化に伴って低下し、無秩序な増殖の原因となります。また、炎症性疾患は白血球/リンパ球の過剰浸潤に基づく病態ですが、浸潤には接着分子が決定的役割を果たしています。私達は、正常な細胞機能および様々な病態現象における接着分子の役割を解明すると共に、接着分子を分子標的とする治療薬の開発に向けて基礎的研究を行っています。

研究室名:深井研究室
専門分野:分子細胞生物学
研究分野:分子病態学
宮崎 智
Miyasaki, Satoru
教授

コンピュータを駆使してゲノム情報を読み解き、新規創薬ターゲット分子や制御ネットワークの謎に迫ります

宮崎研究室最先端のinsilico(コンピュータ内)実験によるゲノム科学研究に取り組んでいます。コンピュータと理論科学を駆使して、ゲノム配列から遺伝子や発現制御領域の同定、タンパク質の高次構造予測やゆらぎのシミュレーション、進化系統解析と文献マイニング等を応用して、新規創薬ターゲット分子の探索や、細胞特異的な分子、転写因子と呼ばれるタンパク質群の同定とそのネットワーク解析に取り組んでいます。

研究室名:宮崎研究室
専門分野:バイオインフォマティクス・分子生物学
研究分野:生命情報科学
和田 猛
Takeshi, Wada
教授

有機合成化学の手法を駆使して、新しい人工生体分子・医療の創製を目指します

和田(猛)研究室標的遺伝子の発現を効果的に制御する核酸医療と、そのDDSに用いるキャリア分子を有機合成化学の手法を駆使して創製する研究を行っています。一方、ペプチド、糖、脂質などの生体分子に特有の高次構造や分子認識能を活かしつつ、それらの構造や性質を化学的に改変した新しい機能性分子や医療と創製する研究も行っています。

研究室名:和田(猛)研究室
専門分野:核酸化学・糖化学・ペプチド化学
研究分野:有機化学・生命機能分子化学
バーチャルオープンキャンパス「夢x出会いx発見-Tokyo Univercity of Science Virtual Open Campus」
リサーチパーク型キャンパス〜創薬研究の拠点としての5つの教育研究センター
ファーマコインフォマティクス〜クスリの作用に関する総合情報科学
薬学部の一日
薬学共用試験結果
文部科学省がんプロフェッショナル養成基盤推進プランがんシステム・創薬研究者養成コーズ

アクセス

野田キャンパス(薬学部)

〒278-8510 千葉県野田市山崎 2641
TEL : 04-7121-3691 FAX : 04-7121-3608

神楽坂キャンパス

〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271(代)

葛飾キャンパス

〒125-8585 東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL:03-5876-1717(代)