お知らせ


2018年10月26日

バイオインフォマティクス教育セミナー2018 / Bioinformatics Educational Seminar 2018

Program2018JE

Abstracts2018JE

Poster2018EJ

 

教育開発センター主催 旧バイオインフォマティクス教育部門

* セミナー2018 プログラム *

野田キャンパス セミナーハウスゼミ棟・大講義室、他

———————————124日(火)———————————

< セミナーハウスゼミ棟 大講義室>

9:00~10:30     基礎講義

宮崎智、東京理科大学 薬学部

10:40~12:10    「大規模ゲノム情報を利用して遺伝子の進化機構を探る」

Jarrko Salojärvi、シンガポール 南洋理工大学

13:10~14:40    「光合成過程の数理と量子計算の基礎」

入山聖史、東京理科大学 理工学部

14:50~16:20    「ゲノム的視点から見た微生物分類学」

James Cole、アメリカ ミシガン州立大学

16:30~18:00    「RNAの分解制御を通じた哺乳動物細胞の遺伝子発現制御機構」

秋光信佳、東京大学 アイソトープ総合センター

 

———————————125日(水)———————————

< セミナーハウスゼミ棟 大講義室>

9:00~10:30     「メタデータのマイニングから有用な情報を抽出する:種々の「オミクス」データの組み合わせから転写因子の機能を探る」

Dierk Wanke、ドイツ チュービンゲン大学・ザールラント大学

10:40~12:10    「植物茎頂での自己組織化の法則」

Teva Vernoux、フランス リヨン大学

13:10~14:40    「古細菌DNA複製に働くタンパク質の構造生物学」

大山拓次、山梨大学 生命環境学部

14:50~16:20    「ウイルス蛋白質による宿主因子の不活化」

尾瀬農之、北海道大学 大学院先端生命科学研究院

 

———————————126日(木)———————————

< セミナーハウスゼミ棟 大講義室>

10:40~12:10    「人工的および自然系における変異の最適な制御による適応」

Roman Belavkin、イギリス ミドルセックス大学

 

< 理工学部2号館ターミナル室231T >

13:20~16:20    ディスカバリースタジオ 演習

西野達哉、安藤格士 東京理科大学 基礎工学部

【バイオインフォマティクス全般について、CLASSより事前質問を受付けます。演習中に回答します】

 

目的と対象学生

本セミナーは、海外の第一線で活躍中の研究者から基礎部分の講義と最先端の話題を提供して頂き、東京理科大学の大学院生および学部の主に4年生にバイオインフォマティクスを紹介することを目的としています。

※ 参加申し込みは不要です。  問い合わせ:薬学部生命創薬科学科宮崎研究室 内線6587

 

 Center for Faculty Development

Bioinformatics Educational Seminar 2018 Program

< Lecture Room, Seminar House, Biological Research Area & Terminal Room >

4th Dec.       

9:00-10:30      [Basics of Sequence Analysis]

Satoru Miyazaki, Tokyo Univ. of Science

10:40-12:10    Genomic Insights to Evolution

Jarrko Salojärvi, Nanyang Technological University, SG

13:10-14:40    Mathematical Description of Photosynthesis and Foundation of Quantum Computation

Satoshi Iriyama, Tokyo Univ. of Science

14:50-16:20    Microbial Taxonomy as Seen Through a Genomic (and Metagenomic) Lens

James Cole, Michigan State Univ., USA

16:30-18:00    The gene regulation through RNA degradation in mammalian cells. (Japanese)

Nobuyoshi Akimitsu, The University of Tokyo

 

5th Dec.       

9:00-10:30      Mining metadata for meaningful information: The combination of ‘OMICS’ data from different sources provides novel insights into transcription factor function.

Dierk Wanke, Tübingen Univ. & Saarland Univ., Germany

10:40-12:10    The principles of self-organization at the plant shoot apex

Teva Vernoux, University of Lyon, France

13:10-14:40    Structural Biology of archaeal DNA replication proteins  (Japanese/English)

Takuji Ohyama, Yamanashi Univ., Japan

14:50-16:20    Viral and host factor relationships which determine host tropism; viral protein counteraction of host immune system

Toyoyuki Ose, Hokkaido Univ., Japan

 

6th Dec.       

10:40-12:10    Adaptation via Optimal Control of Mutation in Artificial and Natural Systems

Roman Belavkin, Middlesex Univ., UK

 

13:20-16:20         [Basic of Discovery Studio]                          <Terminal room 231T>

Tatsuya Nishino, Tadashi Ando, Tokyo Univ. of Science

[Query entry acceptable in advance by CLASS about general of Bioinformatics]

Aim and Subject

The workshop is organized to introduce “Bioinformatics” to the graduated students (including undergraduate) in our university who are interested in this subject. Those global researchers are invited as speakers. They will give us basics of their part of bioinformatics research field and also the latest achievements of their researches.                     ※ Registration is not required.

Contact: 6587 (ext.) Miyazaki Laboratory, Faculty of Pharmaceutical Sciences

2018年9月6日

Advance Notice >> BioInformatics Educational Seminar 2018

It will be held from 4th to 6th of December 2018 in Noda Campus.

*** Guest Lecturers ***

Prof James Cole, Michigan State University, USA

Prof Dierk Wanke, Saarland University, GM

Prof Teva Vernoux,  University of Lyon, FR

Prof Nobuyoshi Akimitsu, University of Tokyo, JP

Dr Roman Belavkin, Middlesex University, UK

Dr Jarrko Salojarvi, Nanyang Technological University, SG

Dr Takuji Ohyama, Yamanashi University, JP.

Dr Toyoyuki Oze, Hokkaido University, JP

 

Program and abstracts will be shown shortly.

 

 

 

2017年11月1日

バイオインフォマティクス教育セミナー2017開催 <12/11-13> <<終了しました。

総合教育機構情報教育センター バイオインフォマティクス教育部門

* セミナー2017 プログラム * Program2017JE

野田キャンパス セミナーハウス大講義室・他

———————————1211日(月)———————————

< 理工学部講義棟K304 >

10:40~12:10    「定量生物学的データの解析: 転写因子遺伝子の網羅的解析(ゲノミクス)・転写産物の網羅的解析(トランスクリプトミクス)・生体分子の相互作用の網羅的解析(インタラクトミクス)及び他の定量的なOMICS(網羅的解析)データを例として」 WankeDierk

Dierk Wanke、ドイツ チュービンゲン大学・ザールラント大学

13:15~16:20    ディスカバリースタジオ 演習          < 理工学部2号館ターミナル室233T >

西野達哉、安藤格士 東京理科大学 基礎工学部

< セミナーハウス 2階大講義室>

16:40~18:00    「RNAの分解制御を通じた哺乳動物細胞の遺伝子発現制御機構」

秋光信佳、東京大学 アイソトープ総合センター

———————————1212日(火)———————————

< セミナーハウス >

9:30~10:30     基礎講義

宮崎智、東京理科大学 薬学部

10:40~12:10    Signals, signal processing and robustness of self-organization at the plant shoot apex VernouxTeva1 VernouxTeva2

Teva Vernoux、フランス リヨン大学

13:10~14:40    「進化アルゴリズムと自然界での制御された遺伝子変異と組み換えを用いた最適な適応」 BelavkinRoman

Roman Belavkin、イギリス ミドルセックス大学

14:50~16:20    MiGA: 「微生物ゲノムアトラスについて」 ColeJames

James Cole、アメリカ ミシガン州立大学

16:30~18:00    「遺伝子発現プロフィールからパーソナルゲノム解析へ」

村上康文、東京理科大学 基礎工学部

———————————1213日(水)———————————

< セミナーハウス >

9:00~10:30     「ゲノム配列データの解析」 NGScourse_2017_Salojarvi

Jarrko Salojärvi、フィンランド ヘルシンキ大学

10:40~12:10    「実験生物学研究者にとって遺伝子の系統解析が重要な理由: 系統解析のためのデータの品質管理」 WrzaczekMichael

Michael Wrzaczek、フィンランド ヘルシンキ大学

13:10~14:40    「ウイルス宿主決定要因」

尾瀬農之、北海道大学 大学院薬学研究院

14:50~16:20    「古細菌DNA複製に関わるタンパク質群の構造生物学」OhyamaTakuji

大山拓次、山梨大学 生命環境学部

 

目的と対象学生

本セミナーは、海外の第一線で活躍中の研究者から基礎部分の講義と最先端の話題を提供して頂き、東京理科大学の大学院生および学部の主に4年生にバイオインフォマティクスを紹介することを目的としています。

※ 参加申し込みは不要です。

問い合わせ:薬学部生命創薬科学科宮崎研究室 内線6587

BI2017poster

Abstracts2017JE

2015年10月6日

Genome Research購読について

バイオインフォマティクス関連図書として、”Genome Research”をオンライン購読できます。

ぜひ利用ください。

 

http://genome.cshlp.org/