2つの学科の特徴

ヒューマニティと研究心にあふれた薬剤師と最先端創薬科学を担う研究者・技術者を育成

薬学部は、「医薬分子をとおして人類の健康を守る」という志を持った優れた薬剤師と研究者・技術者を育成することを基本理念としています。薬学科では、“ヒューマニティと研究心にあふれた高度な薬剤師の育成”、生命創薬科学科では、“最先端創薬科学を担う研究者・技術者の育成”を目指します。知性に富み、倫理観と豊かな人間性を備え、総合的な生命科学としての薬学を担い、人類の健康と疾病の克服に尽力できる医療人・創薬人を両学科が協力して育成し、薬学の発展に寄与することを目的としています。その達成のために、薬学科および生命創薬科学科では、共通の基本的学問である生物学、化学、物理学、情報学を基盤とし、創薬科学、生命薬学、環境・衛生薬学、医療・情報薬学を融合的に展開します。生命と医薬分子の関係を総合的に理解できる専門知識を修得するとともに、問題を設定し解決する能力を有する人材の育成を教育・研究の目標としています。

薬学科(6年制課程)Department of Pharmacy

薬学全般に亘る幅広い知識と技能を備え、病院や薬局などの医療現場や企業等で活躍することのできる高度な問題解決能力と、ヒューマニティを併せもった薬剤師の育成を目指します。
 

薬学科のページを見る

生命創薬科学科(4年制課程)Department of Medicinal and Life Science

高度な専門知識と技能を備え、世界をリード出来る優れた薬学研究者の養成を目指します。定員100名の薬学系4年制学科は、本学科が国内唯一です。東京理科大学の実力主義は本学科でも継承されています。

生命創薬科学科のページを見る