東京理科大学 薬学部

大学院

薬学の広範な分野を網羅する充実した教育研究体制により、人類の健康と社会福祉に貢献しうる高度な専門性を有する研究者・技術者を育成します。

研究科長からのメッセージ

 平成18年度からの新薬学教育制度の施行に伴い、大学院薬学研究科では、生命創薬科学科(4年制)の上に、薬科学専攻修士課程(平成22年度4月スタート)と博士後期課程(平成24年度4月スタート)、並びに薬学科(6年制)の上に薬学専攻博士課程(平成24年度4月スタート)を設置しました。本大学院では、幅広い薬学領域における研究者の育成に重点を置いた研究教育を行い、広い視野に立って精深な学識を広め、専門分野における理論と応用の研究能力を涵養することを目的としています。

 高度な先端医療をはじめとして、守備範囲の広い薬学分野に携わる研究者・技術者として求められる専門的知識を習得し、問題設定と解決能力、指導力を養います。そして、”信頼される医療人・創薬人”として最前線で活躍出来る人材を育成します。

薬学研究科薬科学専攻・薬学専攻の設置趣旨

 近年、薬学を取り巻く環境は大きく変化してきています。新しい作用機序に基づく副作用の少ない分子標的治療薬の開発や患者個々人のゲノム体質に合った「個別化医療」が期待されています。これらを現実のものとするためには、新しい学問領域の創成や高度な専門性を備えた人材の育成が重要な課題となってきます。このような背景のもと、本大学院薬学研究科では、薬科学専攻と薬学専攻を設置し、この2専攻が補完・協力し合うことによって新薬学領域の研究を推進します。ここでは、下図に示すような学問領域について、薬に関する総合情報学=「ファーマコインフォーマティクス」の観点から深く追究していきます。そして、これからの創薬・医療を担う優れた力量と病人の立場から考えられるヒューマニティーに溢れた人材を育成し、実社会に貢献できる新しいタイプの大学院を目指します。

新制度における薬学部・薬学研究科

新制度における薬学部・薬学研究科のイメージ図

バーチャルオープンキャンパス「夢x出会いx発見-Tokyo Univercity of Science Virtual Open Campus」
リサーチパーク型キャンパス〜創薬研究の拠点としての5つの教育研究センター
ファーマコインフォマティクス〜クスリの作用に関する総合情報科学
薬学部の一日
薬学共用試験結果
文部科学省がんプロフェッショナル養成基盤推進プランがんシステム・創薬研究者養成コーズ

アクセス

野田キャンパス(薬学部)

〒278-8510 千葉県野田市山崎 2641
TEL : 04-7121-3691 FAX : 04-7121-3608

神楽坂キャンパス

〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271(代)

葛飾キャンパス

〒125-8585 東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL:03-5876-1717(代)